常に人手不足と言われている看護師。そのため看護師の求人がたくさん出ていて、看護師は転職に困らないというイメージがありますが、転職活動に不安を抱いている方は少なくありません。 しかも看護師の資格は求人募集の応募や転職や非常に有利な国家資格ではありますが、転職に失敗している方も少なくないようです。多くの転職希望者が転職時に求人情報を見ているでしょうが、求人情報にはすべての情報が書かれているワケではありません。また転職に関する悩みを、今働いている職場の上司に相談はできません。 このサイトでは看護師が転職する際にどんな悩みを抱いているのか、転職を有利にしたり・転職時に重視した方がいい制度はあるのかなどを紹介しています。 はじめて転職するという看護師の方は当然ですが、転職経験のある看護師の方でも、転職はやはり何度行っても不安はつきものですから、様々な情報を知っておいて不安は少しでも解消しておきましょう。

給料

病院によって給料ってちがうの?勤続年数で待遇が変わる?忙しい科でも給料は同じ?

看護師の方が転職先の求人情報をさがす際、やはり給料の金額は気になりますが、働き方や病院によって給料はどれぐらい違うのでしょう。まず病院による違いですが、病院には国立・公立・公的医療機関・社会保険関係団体・公益法人・私立学校法人・医療法人、個人などの種類があり、その種類によって平均給与総額に違いがあります。平均給与総額が高いのは私立学校法人で29万1,760円、その次が社会保険関係団体で28万1,240円、そして公益法人・医療法人、個人・公的医療機関・国立・公立の順になっています。次に看護師の働き方による給料の違いですが、看護師の基本給は経験年数や年齢が上がるにつれて昇給していく年功制を元に組まれていることが多いので、勤続年数が上がるにつれ、給料も上がっています。ただ、仕事の忙しさは給料の高さと必ずしも比例はしていないようです。例えば夜勤があるなどの忙しさだと、夜勤手当などの手当の支給もあるので給料の額は上がりますが、単に病院に訪れる患者が多くて忙しい場合だと、同じ種類の病院で同じ診療科目を比べると、訪れる患者が多くて忙しい病院と患者数がそれなりでゆったりとしている病院の給料に違いはあまりないようです。

常勤と非常勤の待遇の差は?

看護師の働き方に常勤と非常勤がありますが、給料の面で見た場合、常勤と非常勤には待遇の差があるのでしょうか?。非常勤は、自分の都合に合わせた働き方ができますから、小さな子どもがいたりする看護師の方だと、子どもが突然体調不良などを起こした場合でも、休みが取得しやすいなどのメリットがあります。ただ非常勤だと、ボーナスや退職金が支払われないことがほとんどですし、昇給や昇進もありません。また勤務時間数などの一定要件を満たしていないと社会保険に加入できないことも多く、福利厚生や給料の額を考えた場合、非常勤は常勤より待遇が劣っています。さらに常勤に比べ、非常勤は短時間での勤務や勤務日数を少なくして働くことができますが、勤務時間や日数が少ないということは、それだけ給料の額が常勤より少なくなってしまうということです。しかも長く勤務しても常勤のように昇給がないことがほとんどですから、給料面を考えたら非常勤より常勤の方が優れています。