常に人手不足と言われている看護師。そのため看護師の求人がたくさん出ていて、看護師は転職に困らないというイメージがありますが、転職活動に不安を抱いている方は少なくありません。 しかも看護師の資格は求人募集の応募や転職や非常に有利な国家資格ではありますが、転職に失敗している方も少なくないようです。多くの転職希望者が転職時に求人情報を見ているでしょうが、求人情報にはすべての情報が書かれているワケではありません。また転職に関する悩みを、今働いている職場の上司に相談はできません。 このサイトでは看護師が転職する際にどんな悩みを抱いているのか、転職を有利にしたり・転職時に重視した方がいい制度はあるのかなどを紹介しています。 はじめて転職するという看護師の方は当然ですが、転職経験のある看護師の方でも、転職はやはり何度行っても不安はつきものですから、様々な情報を知っておいて不安は少しでも解消しておきましょう。

キャリアアップ

"キャリアアップするには何が必要か?費用は掛かるのか?"

看護師のキャリアアップは求人や給料アップに非常に役立つます。そのキャリアアップへの近道になるのが資格の取得です。それでは、看護師のキャリアアップに役立つ資格を取得するには、どれぐらいの期間や費用が必要になるのでしょう。看護師のキャリアアップに役立つ資格は70以上あり、その取得に必要となる期間や費用には違いがありますが、取得に必要になる平均期間は半年~1年程度ですが、実務経験などがあれば1日程度の講習の受講で取得できる資格もあります。また。費用に関しては1万円程度の資格もあれまば、20万近くかかる資格もあります。看護師のキャリアアップには資格の取得が近道ですが、自分が目指すキャリアアップに関係ない資格を取得しても無駄なだけで、求人や転職にも有利にはなりません。期間や費用をかけて資格を取得するのですから、数多くある看護師のキャリアアップ資格の中から自分の目指しているキャリアアップに合った資格を見つけて取得するようにしましょう。

資格の取り方

看護師のキャリアアップへの近道となる資格ですが、求人に有利になる・給料アップに繋がるから資格を取ろうと考えても、すぐに資格が取れるワケではありません。看護師のキャリアアップに繋がる資格の中には、講習期間や費用だけじゃなく、実務期間が必要になる資格もあります。例えば看護師のキャリアアップに役立つ資格として知られている認定看護師や専門看護師の資格を取得するには看護師としての実務経験が5年以上必要となります。また専門看護師は、大学院へ行って修士課程を修了する必要があります。常勤のフルタイムで働きながら大学院に通うというのはかなりハードルが高いですが、専門看護師の資格を取得していれば、求人や転職に非常に役立つますし、給料のアップにも繋がるでしょう。看護師の仕事をしながら大学院に通うのは不可能という人でも、ほかのキャリアアップに繋がる資格の中には1~2日程度の講習もありますし、半年~1年程度の講習が受講できれば、かなりの資格が取得できます。

転職に有利か?

看護師の方がキャリアアップするメリットに給料アップに繋がるということがありますが、そのほかに転職に有利になるということがあります。求人情報に「未経験者可」と書いてあっても、雇用する側としては、一から教えないといけない看護師より、実務経験が豊富な看護師や専門性の高い資格を持っている看護師の方を雇いたいと考えるのは当然のことです。そのためはキャリアアップへの近道となる資格を持っているということは、転職にも少なからず有利になります。とくにオペ室やICUなどでの勤務がある病院や外科系や透析看護などの専門性の高い診療科目への転職を考えている場合、キャリアアップに役立つ資格を取得していると転職に非常に有利になりますし、転職後、新たな職場ですぐに活躍できるでしょう。キャリアアップするために資格を取得するには、それなりに費用がかかってしまいますし、仕事をしながら一定期間の講習を受けるなどしないといけません。しかし、転職が有利になる・給料アップに繋がるなどの、それに見合うだけのメリットがありますから、看護師を長く続けていくのであれば、キャリアアップに役立つ資格を取得しておいて損はないでしょう。